よりよい保険を紹介する

何がいいのか

家計診断は何がいいのか

今の家計の経済状態を少しでも改善したいと思ったら、家計診断を活用しよう。家計診断とは、ファイナンシャルプランナーに、家計の出費のうち、無駄に支払っているものはないか、もっとよい貯蓄方法はないか、今後のライフプランの為には何がどれだけ必要かなどをアドバイスしてもらえるものである。自己流のやり方で家計の管理をする人に対し、適切なアドバイスをしてくれるだけでなく、目標を明確化できるため、計画的な貯金やよりよい家計管理に役立てることができる。収支の見直しは、まずは固定費の削減、ローンなどの見直しや、携帯などの通信費、保険サービスの見直しなどの出費と、資産の増加にあたる、投資や労働による収入面が主である。今まで知らなかった節約術や貯蓄術も教えてもらえるため、活用してよかったと思ってもらえるだろう。

老後のために貯蓄を増やすには

老後に必要な貯蓄は年間300万で30年生きるとすると、約9000万はかかる。年金だけでは、そんなにたくさんもらえる確証もない。そのため、自分自身で貯蓄をすることが大切である。老後に必要な費用を保険でまかなうという方法がある。個人年金保険といって、老後に年金とは別に今までコツコツためた年金保険をもらうというシステムである。この方法ならば、保険に加入しているため、毎年の税金面で控除になるお得面があるだけでなく、中途解約すると不利になるという意識も働くため、確実に貯蓄を増やすことが可能となる。また、この保険は保険の運用次第では将来もらえる年金額が変動するものもあるため、投資要素もある。家計診断により貯金が難しいと考える人にとっては上記のような方法もあるため、一度家計診断をすることで、よりよい家計管理が可能となるのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加